介護の職場は離職者も多く、多くの施設で人員不足が問題となっています。そのため未経験・無資格で介護の仕事にチャレンジする人も多く、少しでも人員を確保したい施設はそういった人でも積極的に採用を行っているのです。
今回は介護の経験がない介護福祉士が仕事を探す上で気をつけるべきことをまとめました。

スポンサーリンク

介護福祉士の未経験者は決して少なくない

介護福祉士は福祉系の国家資格であり、実務経験をつんで受験資格を得る人が多いもの。
しかし学歴によっては実務経験が全くなくても、資格を習得することは可能なのです。
初心者
この場合は専用のカリキュラムをおえるか、介護・福祉系の養成施設を経由する必要性がでてきますが、若いうちから介護の仕事を目指していた人ならこの手の学校を選んでいるケースも多いことでしょう。

そのため、新卒者などの若い世代ほど介護福祉士の資格を持ちながら、実務経験がないということになりやすいのです。

未経験だからと言って不採用にはならない

採用
施設によっては介護に手慣れた人の方が仕事がやりやすいと感じ、実務経験のある人を求めることもあります。

しかし先の通り未経験者も多いことから、決してそれが理由で不採用になってしまうというわけではないのです。
即戦力が欲しいということなら、求人募集欄に実務経験者優遇などと書かれていることもあるでしょう。
逆に人員が不足している施設や、新設された施設、若い介護福祉士を積極的に育成しようとしている施設などでは未経験でも歓迎されるのです。

まず介護福祉士の働ける介護施設の種類を知ろう

介護施設
介護施設といってもその種類や数はかなり多いもの。場合によっては未経験者が働くには、少々困難なところもあるでしょう。

しかし近年では民間企業が介護・福祉の分野に数多く参入してきており、いままではなかったような新規事業も目立つようになってきました。
未経験の場合、どのような施設を選べば良いのか、以下に主なサービスや施設をまとめましたので参考にしてみてください。

デイサービス

食事や入浴など、日常生活に欠かせない行動に対し、介護を行いながら提供する施設です。介護職にとってはなくてはならない施設でもあり、未経験者の介護福祉士も多く働いています。

デイケアセンター

日中の間に通所して、リハビリや治療を受けられる施設です。デイサービスとの違いは、入浴・食事など日常生活のサポートをするか、リハビリを優先するかということになります。
理学療法士や作業療法士が多く在籍していますが、介護福祉士も十分活躍できるでしょう。

グループホーム(集団生活型介護)

主に認知症の人を地域社会に溶け込むように生活の援助・支援を行う施設です。職員の仕事がかなりハードで、未経験者には少々難しい職場といえるでしょう。

ショートステイ(短期入所施設)

居宅での介護が困難な人が短期入所し、介護を受ける施設です。
同居する家族がやむをえない事情で数日家を空けるときなどにも利用されます。
要介護度は施設によって異なるため、未経験者でも働けるところを探してみると良いでしょう。

ケアハウス(軽費老人ホーム)

利用者さんは基本的に自立ができており、入居者のプライバシーを保ちながら在宅と同じような介護サービスを受けることができます。
介護頻度が少ないため、介護福祉士の活躍の場は少ないですが、募集を行っている施設もあります。

養護老人ホーム

主に経済的な理由で養護を受けられない自立者が入所する施設です。レクリエーションや交流の場を提供しています。
介護をする機会は少ないですが、食事や入浴などの援助が必要になることも。

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)

要介護者が入所しながら、入浴・食事・排せつ等日常生活の介護を受けつつ、健康管理などのサポートを受ける施設です。全国的にも利用者さんが非常に多く、常に入所待ちができるほど。
介護職の求人も多いですが要介護度の高い利用者さんが優先して入所するケースが多いので、介護の仕事としてはややハードです。しかし実務経験をつむには非常にふさわしい施設でもあります。

老人福祉センター

無料もしくは低額で相談を受けつつ、教育の場やレクリエーションの機会を提供する施設です。交流を主な目的としているため介護サービスの提供はなく、介護福祉士が活躍する場は少ないでしょう。

老人介護支援センター

福祉に関する情報提供や相談、介護を受ける際の連絡調整や援助を行う施設です。
介護支援専門員(ケアマネジャー)などが多く働いていますが、老人福祉センター同様、直接の介護サービスの提供はないため介護福祉士はほとんど需要がありません。

有料老人ホーム

民間企業が運営し、生活サービス等を提供する施設です。介護付のものや住宅型、健康型などがあり、施設によってサービス内容は異なります。
介護福祉士が求められている施設も多くあるので、求人がある場合はぜひ施設の情報をチェックしてみると良いでしょう。